読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなの投資はっく

40代がFXや株式投資で資産運用をするためのブログです

FX初心者が投資で失敗する3つのNG行動と改善ポイント

初心者のためのFX講座

FXや投資初心者がやりがちな失敗について説明しています。

トレードをする際に最低限注意するポイントを3つあげました。

トレードを上達させるためには避けて通れないポイントですので是非チェックしてみてください。

FX初心者が投資で失敗する3つのNG行動と改善ポイント タイトル画像

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

今回は初心に戻って、FX初心者がやりがちな失敗とその改善方法ついて解説します。

よしぞうも過去に何度も失敗した部分でもあります。ここを改善しないとトレードは上手くなりません。

もし「トレードが上手に出来てないな」と感じているなら、こういった点を見直してみてください。

目次:FX初心者が投資で失敗する3つのNG行動と改善ポイント

結論:とにかく損切りの徹底を!

とにかく損切りの徹底を イメージ画像

投資での失敗とは、基本的に「想定より損失が大きくなってしまう」ことです。

後で述べますが、損切りさえしっかりやれば大きな損失を抱えることはありません

最初の「小さな損失」の時点で損切りしない(できない)から、その「小さな損失」がどんどん膨らんでしまうのです。

自分の許容できるマイナス金額のうちに、しっかり損切りすることが投資で成功する大事なポイントです。

↑目次に戻る

失敗の原因1:損切り設定しないから損失が大きくなる

損切り設定しないから損失が大きくなる イメージ画像

投資初心者の方の多くが「巨額の損失を抱えてしまい塩漬けにする」という失敗をします。

それは何故か?

それは「損切りをしていない」あるいは「損切りが出来ない」からです。

数十万もの損失を抱えている方も、数百万の損失を抱えている人も、最初の損失は小さかったはずです。

どんな巨額な損失も、初めのうちは数千円や数万円の小さな損失だったはず。その時点でしっかり損切りしなかったのが投資を失敗する原因です。

巨額な損失を抱えないためには、小さな損のうちに損切りし、再び勝負できる環境を整えることです。

改善方法:損切りルールを決める

投資の上級者への第一歩は「損切りが出来る」ことです。

そのためには、感情に頼って損切りしていてはダメです。必ず「損切りルール」を決めることが大事です。

「損切りルール」を決めて、機械的に損切りしていくことです。感情を入れると「もう少し耐えてみよう」と余計なことを考えてしまいます。

機械的に損切りをするには以下のように数字で表せるルールを決めるのが有効です。

  • 何万円損が出たら損切りする
  • 何パーセント下落したら損切りする
  • テクニカル指標が特定の数字に到達したら損切りする

など、感情が入らない損切りルールを決めましょう。

また、

  • ローソク足がトレンドラインを切ったら損切りする

と言った方法も有効です。チャートで見れば一目瞭然ですので感情が入らず損切り出来ます。

↑目次に戻る

失敗の原因2:ナンピン買いして損失を膨らませる

ナンピン買いして損失を膨らませる イメージ画像

初心者の多くの方がやってしまうのが「ナンピン買い」「ナンピン売り」です。

ポジションを取った後、相場が損失の方向へ進んだ場合、さらに同じポジション増やして1ポジションあたりの損を少なくしようとする行為です。

これも絶対に避けましょう。相場が自分の思惑とは逆の方向へ進んでいるので、損が膨らむだけです。

もちろん、その後、利益が出る方向に戻ることもありますが、自分の思惑とは逆に進んでいるわけですから、損が膨らむ可能性の方が大きい状態です。

改善方法:ナンピン買い(売り)しない、トレンドに逆らわない

ナンピンをする人は「失敗の原因1」で述べた「損切りが出来ない」人と同じ人です。

相場が自分の思惑と逆に動いて損が出たら、素直に負けを認めて損切りしましょう。ポジションを増やしてはいけません。

マイナスの方向へ動いているということは、逆のトレンドが発生している可能性もあります。その状態で損切りもしないでポジションを増やすなんて、自ら失敗を望んでいるようなものです。

ナンピン買い(売り)はせず、逆のトレンドが出たら損切りしてしばらく静観しましょう。気持ちを落ち着かせることも大事です。

↑目次に戻る

失敗の原因3:理由もなく勢いでポジションを取る

理由もなく勢いでポジションを取る イメージ画像

「なんか上がりそう」「きっと下がるはず」

そんな思いつきでポジションを取ってしまう人が多いようです。きちんと明確な理由や根拠を持ってポジションをエントリーしましょう。

「損切りルール」と同じように「エントリールール」も決めることが大事です。

雰囲気や思いつきでエントリーしても勝てません。

改善方法:チャート分析やファンダメンタルズ分析をする

「エントリールール」も「損切りルール」と同様に、感情が入らないようなルールを決めることが大事です。

例えば

  • ローソク足が前回高値を超えたら買い
  • ローソク足がトレンドラインを超えたら買い
  • 一目均衡表で3役好転が出たら買い

など、チャートを使ってエントリーする方法がお薦めです。(注意:あくまでも一例ですので、この通りに売買しても必ず利益が出るわけではありません)

チャート分析にあわせて、ファンダメンタルズ分析も同時に行うのが良いでしょう。チャート上では「買い」と出ても、経済状況や政治状況が「売り」の状況もあります

両者をよく分析してエントリーしましょう。チャートの「買い(売り)」をファンダメンタルズが裏付けしてくれるような環境の時は、エントリーチャンスになることが多いです。

↑目次に戻る

まとめ:自分の投資ルールを持たないとトレードで勝てません

トレードは自分の「投資ルール(「損切りルール」と「エントリールール」)」を作ることがとても重要です。「投資ルール」を持たないとトレードで勝てません。

感情や雰囲気で売買していては、利益が出たとしてもそれを再現できないからです。

自分の「投資ルール」で利益が出たら、次もそのルールで売買して利益を出すことが可能です。

再現できるからこそ、利益を積み上げることが出来るのです。

「損切りルール」があれば、予め損失額をコントロールできるので、大きな損失を抱える可能性が格段に低くなります。

投資で成功したいなら、まずは「損切りルール」と「エントリールール」を持つことが大事です。

そして、それをきちんと守ることがとても重要です。

というわけで、まとめです

  • どんな巨額な損失も、最初は小さな損失から始まる。その時点で損切りする
  • 躊躇なく損切りができるように「損切りルール」を作る
  • ナンピンはしない。トレンドに逆らったエントリーはしない
  • エントリーは明確な理由を持って行う。そのために「エントリールール」を作る
  • 自分で作ったルールを必ず守ること