読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなの投資はっく

40代がFXや株式投資で資産運用をするためのブログです

今週のマーケット状況:金と原油が大きく下落、NZドルは首相発言で反発

今週のマーケット状況まとめ

今週(2015/7/20〜7/24)の投資マーケットについての備忘録です。

金と原油が大きく下落しています。

今週のマーケット状況 タイトル画像

こんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

今週のマーケットの出来事や思ったことを自分のメモとしてまとめています。

今週のマーケット状況 目次

金・原油が大きく下落

金と原油の価格が大きく下落しています。

金は1094ドル、原油は48ドル。

金は1000ドル割れたら買いたい人も多いような気がしますね。そろそろ底値かなあ??

リーマンショック後の安値が700ドル台くらいだったと思います。よっぽどのことがなければ、そこまでは下がらないでしょうね。たぶん。。。

↑目次に戻る

NZ首相発言でNZドルが買い戻される

NZ首相が「NZドルは想定より早く下落した」云々発言でNZドルが買い戻され上昇しました。

利下げ発表もされましたが、以前よりも中央銀行のNZドル高牽制がやや後退し、反発しています。

↑目次に戻る

米国新規失業保険申請件数は41年ぶりに良い数値

米国の新規失業保険申請件数が41年ぶりの低い数字になりました。雇用は調子が良さそうですね。

米企業の決算は、IBM、キャタピラ等が悪くダウが下落しています。雇用は数字が良いのですが企業によっては調子が悪いところも多いようですね。

アップルも悪くない数字でしたが、期待ほどではなかったようで売られました。日本のアップル関連株も同様に売られています。

↑目次に戻る

中国のPMIが悪い

金曜日に発表された中国のPMIが予想よりも悪い数字でした。

予想49.7→結果48.2

株価は当局が下支えしていますが、国内景気はあまりよくなさそうですね。引き続き注意が必要です。

ウォールストリート・ジャーナルによると、ヘッジファンドがポートフォリオから中国を外していく方針のようです。モーニングサテライトで放送していました。

TVでた蔵
“世界一”のヘッジファンドも中国売りの動き

世界一のヘッジファンドが中国を避ける方針に転換したと報じた。世界最大の運用額を誇るブリッジウォーターの創業者のダリオ氏は「中国市場の混乱の余波な、広範囲に渡って続くだろう」と警告。また物言う投資家のアックマン氏は「中国政府の統計は信用できず、金融危機より悪い状態に見える」とコメントしている。

↑目次に戻る

よしぞうの今週の感想

というわけで、来週も頑張って利益を出しましょう。