おとなの投資はっく

40代がFXや株式投資で資産運用をするためのブログです

マネースクウェア・ジャパンが日経225証拠金取引を始めたよ

FX会社のマネースクウェア・ジャパン(M2J)が、「M2J株価指数CFD」という名前で「くりっく株365」の証拠金取引サービスを開始しました。

日経225はもちろんのこと、NYダウ、ドイツDAX指数、イギリスFTSE100の取引も可能です。

トラリピが使えるので、かなり興味あります。申し込んでみようかな。

Macintoshで動作するチャートツールも新たに登場。Macユーザーとしては嬉しい対応です。

マネースクウェア・ジャパン 日経225証拠金取引
※画像出典:マネースクウェア・ジャパン公式サイトより

皆さんこんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

FX会社のマネースクウェア・ジャパン(M2J)が「日経225証拠金取引(M2J株価指数CFD)」の取り扱いを開始します。

くりっく株365を使った取引システムのようです。

マネースクウェア・ジャパンの「日経225証拠金取引」のいいところは、同社のツール「トラリピ」が使えるところ。

他社にないサービスなので、同社に口座を開く理由にもなります。

そして、Macintoshユーザー向けのチャートツールも用意されていることも大きなポイントです。

マネースクウェア・ジャパンの「M2J株価指数CFD」ついては公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
M2J株価指数CFD

目次:マネースクウェア・ジャパンが日経225証拠金取引を始めたよ

レンジ相場で威力を発揮するトラリピが使える

マネースクウェア・ジャパンのFX取り引きツールで人気がある「トラリピ」。

買い注文と決済注文を自動で繰り返してくれる取り引き方法です。

レンジ相場の上下で注文を置いておけば、何度も収益を上げるチャンスがあります。

今回サービスを始める「日経225証拠金取引」でも、この人気ツール「トラリピ」が使用できるようです。

これは嬉しいですね。

マネースクウェア・ジャパン 公式サイト
日経225でトラリピ

↑目次に戻る

NYダウ、ドイツDAX指数、イギリスFTSE100の取引も可能

マネースクウェア・ジャパンの「M2J株価指数CFD」では、「くりっく株365」のシステムを使っているため、NYダウ、ドイツDAX指数、イギリスFTSE100の取引も可能です。

日本にいながら世界の株式指数を取引できるのでとても便利です。しかも「売り」から入れるメリットもあります。

「くりっく株365」は、日経先物よりも取引に柔軟性があるので、日経平均の取引をするなら日経先物よりも「M2J株価指数CFD」をお薦めします。

「M2J株価指数CFD」の主な特徴は以下のとおり

  • 決済期限(限月)がないのでずっとポジションを持っていられる
  • 決算月には配当がもらえる
  • ほぼ24時間取引ができる
  • 日本の祝日も取引ができる

などなど、日経先物にはないメリットが多くあります。

もちろん、ポジションが逆に行けば損失がでますので、その点は要注意です。

そんな「くりっく株365」のメリットを享受しながら「トラリピ」も使用できるとなるとトレーダーとしては口座を作りたくなります。

↑目次に戻る

専用のチャートソフトもある(Windows、Macintosh)

マネースクウェア・ジャパンの「M2J株価指数CFD」には、専用の取引ツールも用意されています。

マネースクウェア・ジャパン 公式サイト
M2J株価指数CFD 取引ツール

現在、よしぞうは、マネックス証券の「くりっく株365」を使っているのですが、これが使いづらい。。。専用ソフトがないのでチャートが使えないのです。。。

その点、マネースクウェア・ジャパンの「M2J株価指数CFD」なら、専用ツールでチャート分析もできるのでありがたい。

口座を開いてチェックしたいと思います。

2016/9/29 加筆修正

以前はWindows版のみでしたが、ついに待望のMacintosh版もリリースされました。

Macintoshユーザーにとっては朗報ですね。

↑目次に戻る

まとめ:収益を上げる環境としては上位に入りそう

マネースクウェア・ジャパンの「M2J株価指数CFD」は、日経平均やNYダウなどの株式指数を取引したい人には、いいサービスだと思いました。

「くりっく株365」のメリットを受けつつ、人気ツール「トラリピ」で自動売買ができる。

しかも、チャート分析もできる。

3拍子揃っているので、日経平均で収益を上げたい人には、良いサービスです。

マネックス証券やインヴァスト証券の「くりっく株365」を使ったことがある方なら分かると思いますが、チャートが使えないのは取引しづらいですよね。

マネースクウェア・ジャパンの「M2J株価指数CFD」なら専用チャートソフトがあるので、その点についても口座を開くメリットがあります。

よしぞうのようにマネックス証券やインヴァスト証券の使いづらさに困っている方なら検討に値すると思います。

詳細はマネースクウェア・ジャパン公式サイトをどうぞ
↓↓↓
公式サイト
M2J株価指数CFD

FX口座の詳細はこちら
↓↓↓
FXならマネースクウェア・ジャパン

というわけで、まとめです

  • マネースクウェア・ジャパンの「M2J株価指数CFD」はトラリピが使える
  • WindowsとMacintoshのどちらにも専用のトレードツールがある
  • 日経225だけではなく、NYダウ、ドイツDAX、イギリスFTSE100も取引できる
  • くりっく株365のメリット(決済期限なし、配当あり、ほぼ24時間取引)を享受できる
  • 日経平均やダウ平均などの株価指数で収益を上げたい方なら検討に値する