読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなの投資はっく

40代がFXや株式投資で資産運用をするためのブログです

今週のマーケット状況: ロックハートの発言でドル高進む・雇用統計はほぼ予想通り

今週のマーケット状況まとめ

今週(2015/8/3〜8/7)の投資マーケットについての備忘録です。

今週はドル高が進みました。ドル円は一時的に125円にのせました。

今週のマーケット状況 タイトル画像

こんにちは、よしぞう(@otonahack)です。

今週のマーケットの出来事や思ったことを自分のメモとしてまとめています。

今週のマーケット状況 目次

ISM数値の良好と、ロックハートの発言でドル高

アトランタ地区連銀のロックハート氏が9月利上げの可能性を示唆する発言、そして、5日発表のISM非製造業の数値が予想よりも良い結果、雇用統計の結果などにより、今週はドル高が進みました。

一時的に125円にのせました。

↑目次に戻る

雇用統計はまずまずの数字

金曜日に発表になった雇用統計は、ほぼ予想通り。9月利上げ懸念が上昇。

↑目次に戻る

原油安が進み43ドル台へ

原油安が止まりません、金曜の終値では43.87ドルにまで下落しています。

商品 :マーケット :日本経済新聞

↑目次に戻る

TTPは合意せず

先週末に開催されていたTTPの話し合いは物別れになりました。開けた月曜日の日本市場では、クボタ、井関農機、いすずなど関連株が売られました。

↑目次に戻る

プロトレーダーの気になるコメント

メディアで見たり聞いたりした、プロトレーダーのコメントから気になったものをピックアップしました。

広瀬隆雄氏

中国がSDRの採用を目指すためには人民元が自由に上下する必要が有る。方向としては人民元は下がる。そうすると爆買いはなくなる。

爆買いは中国人が豊かだからではなく、人民元が強すぎることの表れ。ドルペッグした人民元が円に対して強すぎるため。爆買いは数年で終わる。円が強かった日本のバブル時の爆買いも数年で終わった。

インヴァスト証券
中国経済の減速が世界に与える影響について(口座開設者のみ)

よしぞうの今週の感想

というわけで、来週も頑張って利益を出しましょう。