読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなの投資はっく

40代がFXや株式投資で資産運用をするためのブログです

12月3日 ECBドラギ総裁 会見内容まとめ

12月3日におこなわれた、ECB理事会の内容についてまとめておきます

備忘録として。

f:id:yoshizoblog:20151205120457j:plain
※画像出典:ECB公式YouTubeより

12月3日、ECB理事会後のドラギ総裁の会見内容により相場が荒れたので、要点をまとめておきます。

数年後の自分のために。

12/3 ドラギ総裁の会見内容

  • 予想範囲内:政策金利は0.05%に据え置き
  • 予想範囲内:中銀預金金利を-0.2%から-0.3%へ引き下げ
  • 予想範囲内:債券買い入れ期限を2016年9月から17年3月へ伸ばす
  • 予想範囲内:買い入れ対象債券に地方債を含める
  • 予想より悪い:買い入れ資産額は据え置き

市場は買い入れ資産額も拡大すると想定していた。

さらに上記の項目以外の、市場参加者の予想を超えた政策「ドラギマジック」もなかった。

そのため、大幅緩和を期待して売りポジションがたまっていたユーロは大きく買い戻される

DAXやダウ先物、日経先物も失望売り。

ECB YouTube
ECB Press Conference - 03 December 2015

翌日の12/4、ドラギ総裁はNYの講演で「必要ならば追加緩和もありうる」と発言。含みを持たせる。

市場の動き

21:45 政策金発表時

ほぼ大きな動きはなし

22:30 ドラギ総裁会見

会見内容が明らかになると、会見中からユーロは大きく上昇。 ドイツDAXも大きく下げ始める

欧州

DAX引け値:10,789(-400)

ユーロドル引け値:1.0920前後(前日終値は1.0600近辺)

アメリカ

NY時間が始まると、ユーロはさらに上昇、株はさらに下げる。

ダウ引け値:17,477(-252)

日本

翌日の日経平均:19,504(-435)

ドル円引け値:122.59円(前日終値は123.24)

ドル円はほとんど動かず

自分の行動 ポジション処分

ユーロ売りポジション、DAXロングポジション、ともに会見中に大きく動いたため、利確で処分